カッコイイWEBぺーじはCSSがポイント!

カッコいいwebサイトにはCSSが不可欠

キレイなサイト、お洒落なサイト、格好良いサイト。ユーザーを虜にするサイトには必ずCSSが使用されています。
webページの作り方を勉強したことがある方なら、CSSという技術を耳にしたことがあるでしょう。CSSはHTMLとセットで使用するweb言語です。HTMLは文書の基本的な構造を記述するのに対し、CSSは表示の体裁や装飾を行います。コンテンツの上下余白間隔、文章のフォントや大きさ、行間など、デザインを整えることがCSSの役割です。
カッコいいwebサイトはデザインが整っています。色彩や各エリアの表示間隔、見出しや文章の読みやすさなど、デザイナーが考え抜いた表現をwebページで再現する技術がCSSなのです。

カッコよさだけじゃない。アクセシビリティを高めるCSS

CSSは単にカッコよさを実現するだけではありません。サイトを使いやすく、わかりやすくするためにもCSSの技術は使われています。
あなたがwebサイトを訪れたとき、このサイトは使いやすいなと考える基準は何でしょうか。それは文字の大きさや行間間隔が調度良い、リンク先がすぐにわかる、次に進む指示がわかりやすいなど、知りたい情報を迷うことなくすぐに手に入れられることが基準の一つになるかと思います。CSSを使用すると文章のデザインはもちろん、リンクテキストの色を統一したり、あるいはボタンデザインを施して目立つようにしたり、情報を視覚的にわかりやすくすることができます。サイトの使いやすさ、わかりやすさはアクセシビリティと呼ばれ、良質なサイトの基準にもなっています。アクセシビリティの高いサイトを作るための技術がCSSにはサポートされており、webサイト作成には必要不可欠な技術なのです。