CSSをマスターすれば素敵なサイトが作れる!まずは基本編

CSSこれだけは知っておきたい基本のこと

何かのサービスでホームページを作ったことがある方なら、CSSという言葉を聞いたことがあるかもしれません。
CSSとはCascading Style Sheetsの略称で、webページの装飾デザインを指定するための言語です。webページはHTML言語で書かれていますが、HTMLには役割に合わせたタグラインと文章を記載します。そのタグラインに対して、CSSで装飾を行っているのです。webページを構成するために、HTMLとCSSは常にセットで構成されています。
HTMLのみで装飾まで施すことも可能ではありますが、HTML本来の役割は文章であるため、装飾という概念を持っていません。現在ではHTMLは文書構造のみを記述し、CSSで装飾を行うことが、webページ作成のルールとなっています。

CSSを使用するとこんな良いことがある

webページをHTMLとCSSで作成すると、次のような良いことがあります。
まず、SEO効果が期待できます。HTMLだけでwebページを表現しようとすると、膨大な記述量になりがちです。HTMLは文章、CSSは装飾というルール通りに記述すれば、どちらのデータも最小限の記述だけで済みます。これにより、検索エンジンが認識しやすい文書構造となり、SEOに効果があるといわれています。
次に、サイトのメンテナンス性が向上します。HTMLだけで文書と装飾を行ったとします。Aというページの装飾に間違いが見つかったとき、Bというページに同じ装飾を使っていた場合、各々のページに修正を行わなければなりません。ですが、CSSのみで装飾を管理すれば、共通で装飾できる記述方法がありますので、該当箇所のみを修正すれば、A、B、どちらのページにも反映することができるのです。