CSSの基本をマスターしたらサイトがこんなにパワーアップ!

CSSでアクセシビリティを高めよう

ホームページ制作をしたことがある、あるいはこれからホームページを作ってみたいという方なら、CSSという言葉を聞いたことがあると思います。簡単に説明をすると、CSSとはHTML文書に装飾を施すことができるweb言語です。ではCSSの基本をマスターするとどんな良いことがあるのでしょうか。
良いことの1つとして、サイトのアクセシビリティが飛躍的に向上します。アクセシビリティとはサイトの使いやすさを表す基準ですが、リンクテキストを同じ色にする、テキストではなくボタンとして表示する、マウスカーソルを当てたらふんわり色を変えるなど、これらの装飾効果をCSSでは実現できるのです。CSSは、サイトを美しくするだけでなく、使いやすくわかりやすくするための技術でもあるのです。

CSSでレスポンシブデザインに挑戦しよう

CSSはPCやスマホなど、各端末に合わせて最適な装飾と表示がされるように設定することもできます。レスポンシブデザインというとご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
レスポンシブデザインとは、HTML文書自体は1ファイルとして扱い、CSSでPC用のスタイルとスマホ用のスタイルを別々に当てることで、端末ごとに最適な表示を行う技法のことです。javascriptなどの複雑なプログラム言語を必要としません。簡単に説明すると、サイトがPCの横幅で見られているならPC用のCSSを適用する、サイトがスマホの横幅で見られているならスマホ用のCSSを適用する、というふうにCSSの記述を分けているだけです。
難しく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。CSSの基本をマスターすればすぐに実践できる内容です。