初心者でもわかる!CSSの基本を学ぼう

CSSって何?HTMLとの違いは?

CSSはCascading Style Sheetの略で、スタイルシートとも呼ばれます。その名の通りHTMLのスタイルを記述した部分で、サイトの見た目やデザインなどを指定することが出来ます。背景や壁紙の設定、文字の大きさや間隔、テーブルやボタンのデザインなど見た目に関する様々なことを設定でき、中にはHTMLタグでは行えないCSSだけの表現も可能です。
CSSを使わずにHTMLだけでもサイトは作れますが、より便利で見栄えを良くに作るにはやはりCSSが必要になってきます。また、デザインの管理もCSSを覚えた方が後々楽になるでしょう。
HTMLがメインコンテンツで、CSSは便利なオプションといった位置づけです。

どうしてCSSを使うの?

CSSの大きな特徴の1つに、「.css」というファイルを作りHTMLで読み込むことが出来るというのがあります。同じcssファイルを指定しておけば、複数のページを同じデザインで作ることが出来ます。CSSファイルをダウンロードすることで理想の形をすぐに作ることもできます。
そして複数のページのデザインを変えたくなったとき…例えば文字サイズを変更したくなった場合など、HTMLで指定していた場合は全てのページのタグを書き直さなくてはいけませんが、CSSを指定していた場合その部分だけど書き直せば全てのページに反映させることができます。
このようにCSSを使うことで複数のページのデザイン管理がとても楽になるのです。